UDLネットワークに適するMRIBを用いたPIM-SM経路制御の実現

藤枝 俊輔  朝枝 仁  楠本 博之  村井 純  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.11   pp.1405-1416
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
マルチキャスト経路制御,  UDL,  PIM-SM,  MRIB,  OSPF,  

本文: PDF(480.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
衛星通信回線などのUDL(Uni-Directional Link)を双方向のブロードキャストリンクにエミュレーションしてマルチキャスト通信を行う場合,ユニキャスト経路表をもとに配送木を構築するPIM-SM経路制御プロトコルでは,RPF(Reverse Path Forwarding)計算に矛盾が生じ,UDLを適切にマルチキャスト配送木に利用できない場合がある.また,復路をエミュレーションしているトンネルリンクが配送木に利用されてしまう場合があり,それが起因してUDLに不要なトラヒックが流れる問題や,一部のリンクの帯域をマルチキャストトラヒックが重複して消費する問題も生じる.本論文では,OSPFの拡張機構に基づいてMRIB(Multicast Routing Infomatin Base)を構築し,UDL上でPIM-SMを適切に動作させるための経路制御手法を提案する.提案手法によりUDLを含むネットワークに適合する最適な配送木を構築できることを理論的に検証した.また,経路制御メッセージのトラヒック量のシミュレーションから,MBGPを用いてMRIBを構築する手法と規模性を比較した.