構造的にレギュラリティ条件を満たした一次線形位相フィルタバンクの設計と画像符号化への応用

田中 雄一  池原 雅章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J91-A   No.2   pp.192-201
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
フィルタバンク,  一次線形位相フィルタバンク,  レギュラリティ,  重複変換,  画像符号化,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,構造的にレギュラリティを満たした一次線形位相フィルタバンク(First-Order Linear-Phase Filter Bank: FOLPFB)の構成法を示す.FOLPFBは従来の双直交線形位相フィルタバンクの合成側フィルタ長に関する一般化である.レギュラリティをもつFOLPFB(regular FOLPFB)は合成側フィルタに関して長く,滑らかな基底関数を実現できる.本論文ではFOLPFBのレギュラリティ条件を明らかにし,設計したregular FOLPFBを画像符号化へと応用する.画像符号化への応用において,提案するフィルタバンクは従来法である双直交線形位相フィルタバンクとほぼ同等の計算コストでありながら,従来法に比べ,PSNRが約0.2 dB改善されることを示す.