節境界に基づく独話の漸進的係り受け解析

大野 誠寛  松原 茂樹  柏岡 秀紀  加藤 直人  稲垣 康善  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.2   pp.556-566
発行日: 2007/02/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 自然言語処理
キーワード: 
音声言語,  係り受け構造,  文分割,  コーパス,  構文解析,  

本文: PDF(417.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
同時通訳や字幕生成のように,独話を同時的に処理する音声言語処理システムでは, 音声入力に従って順次,解析を実行する漸進的解析技術が必要である. 本論文では,節を解析単位とする独話の漸進的係り受け解析手法を提案する. 本手法では,節境界解析に基づき,話者による音声入力と同時的に節を同定する. 節が入力されるたびにその節の内部の係り受け構造を作成し, 既に入力された節との係り受け関係を動的に決定する. 独話文全体が入力される前の段階で係り受け関係を出力することが可能であり, 同時的な音声理解のための言語解析技術として利用できる. 独話データを用いた解析実験により,本手法が,文を解析単位とした係り受け解析と 同程度の解析性能を備えていることを確認した.