テスト駆動開発モデルに基づくIPサービスアプリケーション開発のための試験項目抽出システム

水野 修  郷 裕一  白神 彰則  安部 剛  田中 良明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.10   pp.945-956
発行日: 2007/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 交換
キーワード: 
通信ソフトウェア,  試験工程,  ソフトウェア開発ツール,  テスト駆動開発,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
IPサービスアプリケーション開発は,ミドルウェア活用による小規模化や,ツールなどによる設計・製造工程の効率化が実用化されてきた.一方で,テスト駆動開発により,ソフト開発プロセスの改善が注目されている.しかしながら,通信ソフトウェアに求められる品質の観点で,テスト駆動開発では,試験対象のソフトウェアが存在しない状況で試験項目を抽出しなければならず,試験が要求される品質に対応するだけ十分に実施されているかどうかが定義しにくくなっている.そこで,テスト駆動開発などの適用を踏まえ,IPサービスアプリケーションの試験を十分かつ効率的に進めるためのサポートを行うことを目的とし,要求仕様から試験項目を抽出する手法について提案した.特に,IPサービスアプリケーションは,パラメータがテキスト形式で表現されることに着目し,数値形式での試験項目抽出手法を拡張した試験項目抽出アルゴリズムを示した.このアルゴリズムを実装した試験項目ツールにより,リバースプロキシ,SIPメディアサーバのアプリケーションの試験項目を抽出した結果,カバレッジを十分に満足できることが確認できた.また仕様のあいまいさの点で,追試すべき項目を指摘できること,試験項目抽出の工数削減効果に関する見通しを得ることができた.