目的関数調整法を用いたスケジューリング問題の一解法

田村 宏樹  唐 政  石井 雅博  山下 雅史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.5   pp.901-910
発行日: 2006/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: アルゴリズム理論
キーワード: 
ラグランジュ緩和,  guided local search,  guided genetic algorithm,  スケジューリング問題,  極小値問題,  

本文: PDF(559.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,制約条件の緩和だけでなく目的関数を構成する各関数の調整を行うことで多数の極小値を探索し,組合せ最適化問題に対して有効な解を導出することが可能となる目的関数調整法を提案する.本提案法を局所探索法と遺伝的アルゴリズムに適用し,組合せ最適化問題の一つであるスケジューリング問題に対して,数値シミュレーションを行う.数値シミュレーションでは,Guided local search,Guided genetic algorithmの解法と比較を行い,本提案法が優れていることを主張する.