最適強度組合せパターン光投影手法と強度・位相解析手法を用いた高速高感度な三次元計測

長 元気  盧 存偉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.4   pp.883-887
発行日: 2006/04/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
三次元画像計測,  パターン光投影,  最適組合せ,  強度変調,  位相解析,  

本文: PDF(405.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本研究では,最適強度組合せパターン光投影手法と,観測パターン画像の強度・位相解析手法を融合し,高速かつ高感度な三次元計測技術を提案する.提案手法では,1回の投影と2回の撮像で60本以上のしまアドレスの検出と,しま間の部分を含む全視野計測が可能である.評価実験ではカメラから1300 mm離れた円柱状物体(直径445 mm,高さ410 mm)を計測し,平均誤差0.3 mm以内の計測精度を確認した.