連続ゼロフィリングフレネル変換による周波数帯域多重分割を利用したMR画像のSN比改善法

呉 彬栄  伊藤 聡志  上村 佳嗣  山田 芳文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.3   pp.584-594
発行日: 2006/03/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 生体工学
キーワード: 
フレネル変換,  ゼロフィリング,  多重解像度解析,  分解能,  SN比,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
フレネル変換映像法においてNMR信号に適当なゼロデータ内挿を行ってから再構成すると,画像成分は周波数帯域を分割した区分的に集中する多重解像度像の様相となり,雑音はゼロフィリングにより拡大した空間に拡散する.その空間でしきい値フィルタリングを施すと,効果的に雑音を除去できることが分かっている.しかし,SN比が低い信号に対してしきい値フィルタを適用するとしきい値が高くなることにより,有意な画像信号を失う割合が大きくなる.本研究では,しきい値処理に伴う画像成分の損失を抑えるため,周波数帯域多重分割の様相を改良した連続ゼロフィリングフレネル変換映像再構成法を提案した.提案した手法による画質改善の有効性についてSN比改善度と分解能劣化程度を用いて評価し,従来のゼロフィリングフレネル変換映像再構成法,ラプラシアンピラミッドとウェーブレット変換の多重解像度像空間にしきい値処理した結果と比較検討を行った.