超高速カーボンナノチューブ可飽和吸収素子と受動モード同期光ファイバレーザへの応用

山下 真司  セット ジ イヨン  ゴー チー ション  菊池 和朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J89-C   No.3   pp.87-94
公開日: 2006/03/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
カーボンナノチューブ,  可飽和吸収,  モード同期,  光ファイバレーザ,  

本文: PDF(1.6MB)
>>論文を購入


あらまし: 
我々は,半導体型可飽和吸収素子及び光ファイバ型非線形素子に代わる第3の小型かつ高速な可飽和吸収素子を提案している.カーボンナノチューブ (Carbon Nanotube:CNT)がそれである.本論文では,CNTを用いた可飽和吸収素子の特性について述べる.更に,CNTを用いた受動モード同期光ファイバレーザの研究についての現状を報告する.