アドホックネットワークと無線LANメッシュネットワーク

阪田 史郎  青木 秀憲  間瀬 憲一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.6   pp.811-823
発行日: 2006/06/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (無線アドホックネットワーク技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
アドホックネットワーク,  メッシュネットワーク,  ルーチングプロトコル,  ユニキャスト,  マルチキャスト,  無線LAN,  IEEE802.11s,  

本文: FreePDF(1.8MB)


あらまし: 
インターネットや携帯電話網などの従来のネットワークにはない無線マルチホップの新しい形態で通信を行うアドホックネットワークは,ユビキタスシステムにおける重要なネットワークとして,特に1990年代末以降活発な研究がなされてきた.2003~2004年にはユニキャストルーチングについて,IETF(Internet Engineering Task Force)のMANET(Mobile Ad hoc NETwork)WGにおいて三つのプロトコルがExperimental RFCになり,現在Standard TrackのRFCに向けた作業が進展している.また,大規模なテストベッドの構築が進展し,実用化への期待が高まっている.本論文では,アドホックネットワークについて,これまでの研究,標準化の動向を述べた後,MAC層でのアドホック(無線マルチホップ)ネットワークの実現技術として,2004年5月に検討が開始されたIEEE802.11sにおける無線LANメッシュネットワークに関する標準化状況,研究内容,アドホックネットワークの今後の進展を展望する.