大学における実運用のための講義自動アーカイブシステムの開発

西口 敏司  亀田 能成  角所 考  美濃 導彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.3   pp.530-540
発行日: 2005/03/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
講義の自動アーカイブ化,  マルチモーダルシステム,  モジュール構造,  実用システム,  

本文: PDF(544.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,大学における講義室での実運用が可能な講義自動アーカイブシステムの構成法を提案する.講義の自動アーカイブ化においては,講義室から様々な種類の情報を獲得して講義室の状況を推定する必要があるため,機能のモジュール化,機器の仕様や制御に関する情報の一元管理,また講義状況の推定に必要なデータのキャッシュデータベースからの獲得,の三つの特徴をもつアーカイブシステムの構成法を提案する.これらの構成法に基づく講義自動アーカイブシステムを実際の講義室に実装し,約1年半にわたり実運用を行った.その結果,ハードウェアの追加や状況認識アルゴリズムの更新のしやすさなど,運用上の様々な状況に応じて柔軟な運用が可能であることを確認した.