三次元画像計測のための投影パターンの最適化及び準最適組合せ生成アルゴリズム

盧 存偉  相 利民  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.2   pp.325-333
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
三次元画像計測,  パターン光投影,  最適化,  最適組合せ,  アルゴリズム,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
パターン光投影法に基づく三次元画像計測では,計測時間を短縮し計測精度を上げるために,1回の投影でできるだけ多くの投影しまを投影することが望ましい.これを実現するために,投影パターンのしま強度の組合せの最適化を行うが,しまの本数が数十本以上になると,計算量が膨大になり最適組合せの計算が困難となる.そこで本研究では,強度変調しまパターンの最適化方法及びしま強度の準最適組合せの高速計算アルゴリズム「ランダム組合せ-最適評価」手法(RCOV Technique)を提案する.更に,短い時間で数十本ないし100本のしまの準最適投影パターンを生成し,異なる性状の三次元物体を計測した実例を示している.