翻訳エージェントによる自己主導型リペア支援の性能予測

林田 尚子  石田 亨  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.9   pp.1459-1466
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: インタラクション/インタフェース応用
キーワード: 
社会的エージェント,  機械翻訳,  異文化コラボレーション,  多言語コミュニケーション,  Computer-Mediated Communication(CMC),  

本文: PDF(318.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
従来の機械翻訳システムは,トランスペアレント(透明)であるべきだという考えに基づいて,翻訳精度を尺度として技術開発が行われてきた.しかしながら,翻訳誤りは今日に至っても無視できないほど大きく,機械翻訳システムをトランスペアレントな伝送路とみなすことはできない.本研究では,機械翻訳システムをエージェントとして陽に意識し,インタラクティビティ(相互作用性)という新たな評価尺度を提案する.また,その第一歩として利用者のリペア(翻訳に適した文章への修正)支援機能を取り上げ,実現された場合の性能予測を行った.具体的には,折返し翻訳,強調表示,修正教示機能を提案し,各機能の効果の上限を調べるための実験を行い,以下を明らかにした.( 1 )折返し翻訳結果と英語翻訳結果と同時に提示することが有効である.( 2 )強調表示機能は,ユーザが修正個所を特定するのに有効である.( 3 )修正教示は強調表示と同時に与えることで,リペアに大きな効果をもたらす.また,現状の自然言語処理技術を適用し上記機能を実現するための方向性を示した.