低損失材料の複素誘電率温度依存特性評価装置に関する研究

関 勇  二川 佳央  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J88-C   No.12   pp.1187-1189
公開日: 2005/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
複素誘電率,  温度依存性,  自動化測定,  マイクロ波加熱,  

本文: PDF(227.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
方形空洞共振器を用い,共振器内に置かれた試料のマイクロ波加熱により変化する共振状態を掃引しながら追従し,低損失材料の複素誘電率温度依存性を自動化測定評価する装置を開発した.開発した自動化測定システムにより,純度99.9%のアルミナに対して複素誘電率の広範な温度特性を測定し,試料温度が750℃を超えると損失が非線形的に上昇することを確認した.