UWB通信帯域における生体等価ファントムの特性

滝本 拓也  大西 輝夫  齊藤 一幸  高橋 応明  上林 真司  伊藤 公一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.9   pp.1674-1681
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ブロードバンドワイヤレスのためのアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: アンテナ・電磁界解析
キーワード: 
UWB,  ブロードバンド,  生体等価ファントム,  局所SAR,  FD-TD法,  

本文: PDF(908.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
筆者らはこれまでに,単一の組成比で3~6 GHzの帯域において人体の電気定数を模擬することが可能な生体等価ファントムの検討を行ってきた.そこで本論文では,900 MHz~3 GHzと6~10 GHzを含む帯域に拡張した場合,上記ファントムを用いたアンテナ諸特性の検討が可能かどうか,ファントムの電気定数に着目して定量的に検討を行った.その結果,アンテナ入力インピーダンス,放射効率,放射指向性には本ファントムの電気定数が目標値からずれてもあまり影響が現れないことが明らかになった.このことより,本ファントムはUWB帯域の全域において,アンテナ諸特性の測定に関しては高精度な評価が可能であり,有効であることが明らかになった.更に,アンテナから放射される電磁波エネルギーによるファントム内部での局所平均SARについても,UWB帯域の全域(3~10 GHz)においてファントムの電気定数が目標値からずれることによる差異は ± 3%以内に収まることが明らかになった.