OFDM適応変調方式を用いた1セル繰返しTDMAシステムのための隣接セル間干渉レベルフィードバック方式

横枕 一成  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.6   pp.1078-1089
発行日: 2005/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
1セル繰返しTDMAシステム,  隣接セル間干渉,  ベクトルエラー,  アナログQAM,  符号分割多重化,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM適応変調方式(OFDM AMS:Orthogonal Frequency Division Multiplexing based Adaptive Modulation Scheme)とマルチレベル送信電力制御(MTPC:Multilevel Transmit Power Control)を用いた1セル繰返しTDMA(Time Division Multiple Access)システムを実現するためには,周波数軸上でダイナミックに変動する隣接セルからの同一チャネル干渉(隣接セル間干渉,ICI : Inter-Cell Interference)を送信局に高精度にフィードバックする必要がある.そこで本論文では,OFDM AMS/MTPCを用いた1セル繰返しTDMAにおけるICIのフィードバック技術を提案する.まず,各サブチャネルの干渉電力は,受信側で参照シンボルと受信シンボルのずれであるベクトルエラーを計算することで推定される.次に,それらを高精度にフィードバックするために,情報量が膨大になる可能性があるディジタル信号形式ではなく,アナログQAM(Quadrature Amplitude Modulation)信号の形式を採用するとともに,マルチパスに対する耐性を高めるため,符号分割多重化(CDM:Code Division Multiplexing)を適用している.更に,フィードバックされる情報量を削減するために,推定した干渉雑音電力を隣接する複数のサブキャリヤでブロック化し,そのブロック内平均値のみを通知の対象とし,その中のある一定値以下の干渉雑音電力情報を通知しないという方法を用いている.計算機シミュレーションにより提案方式の特性を評価した結果,干渉雑音電力を高精度に推定可能であり,また,電力配分を最適化した通知フレームを用いることにより高精度に通知可能であることを確認した.