高速制御法による同期QoSアドホックネットワークの特性改善

杉山 久佳  辻岡 哲夫  村田 正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.6   pp.1038-1046
発行日: 2005/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  QoS,  災害救助,  群ロボット,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
同期QoSアドホックネットワーク(同期QoS方式)における伝送特性改善の一方法について検討した.同期QoS方式は,アドホックネットワークにおいて伝送帯域保証を行うことを目的として先に提案された方式である.しかし同方式には,伝送ホップ数に依存してVC(virtual circuit)確立時間とVC中断時間が長くなること,及びネットワークトポロジーの変化の影響を受けて伝送成功率が低下することに問題がある.これらの点は,最近検討が進められている災害救助システムに同期QoS方式を応用する際は特に問題となる.本論文では,同期QoS方式におけるフレーム構成に変更を加えた高速制御法について検討を行った.同制御法によれば,制御信号の伝送時間を短縮することにより,VC確立時間,VC中断時間,及び伝送成功率をいずれも改善することができる.災害救助を行う群ロボットによる遠隔スペース探索をシステムモデルとしてシミュレーションを行い,高速制御法の有効性を確認した.