Selective-Repeat ARQの通番を用いるフロー単位の順序制御方式

鹿間 敏弘  水野 忠則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.6   pp.1017-1028
発行日: 2005/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
Selective-Repeat ARQ,  順序制御,  衛星通信,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
衛星通信や地上無線通信などの誤り回復に用いられるSelective-Repeat ARQプロトコルでは受信側で順序制御が必要となるが,この順序制御により遅延時間が生じ,また出力トラヒックにはバースト性が生じる.このような遅延時間やバースト性を改善する方式として上位層のフローごとに順序制御を行うPFRS方式が提案されている.本論文ではこのPFRS方式の実現方式を検討し,SR ARQの通番により同一フローに属するパケットを識別するポインタ方式を提案する.提案方式はSR ARQ上に多重化するフロー数の制限がない特長を有する.ポインタはパケットを伝送する上での制御情報によるオーバヘッドを増加させるが,通番の差分を用いることによりポインタによるオーバヘッドの増加を抑えることが可能であることを示す.