円形カバレッジ内で最適利得をもつ多モードホーン

出口 博之  岡田 泰輔  辻 幹男  繁沢 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.2   pp.451-459
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
ホーンアンテナ,  開口能率,  利得,  テーパ導波管,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,円形領域全体を効率良く照射する多モードホーンを提案しており,最適化手法をもとにして設計されたホーンが,従来のペンシルビームをもつ複モードホーンに比べてカバレッジ内の最低利得を1dB以上高くできることを示している.ホーンの設計にあたっては,任意方向の利得が最大となるユニバーサルパターンから励振モード係数を求め,二次計画法より求めた最適利得と比較することによって,ビーム整形の効果について評価している.本法の妥当性は,数値解析及び試作した曲線フレア多モードホーンのX帯での放射パターンの測定評価によって検証している.