位相相関動き補償を用いた動画像三次元符号化法

小栗 知義  池原 雅章  トロン  グエン  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J88-A   No.4   pp.528-534
発行日: 2005/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像
キーワード: 
動画像符号化,  三次元符号化,  動き補償,  位相相関,  EZW-IP,  

本文: PDF(398.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
MPEGに代表される動画像符号化標準はこれまで離散コサイン変換(DCT)とフレーム間動き補償の組合せで行われてきた.これに対し,近年時間軸方向にも変換を施して動画像を三次元変換し,符号化するアルゴリズムが注目されている.本論文では時間軸方向の相関性をより効果的に利用するために,位相相関に基づく動き補償を導入し,残差フレームを複数枚集めてこれをCUBEとし,時間方向にも周波数変換を施す新しい動画像の三次元符号化アルゴリズムを提案する.また,変換されたCUBEを効果的に符号化するために,EZW-IP符号化法を新たに三次元に拡張した三次元EZW-IP符号化法を用いた.計算機シミュレーションにより,MPEG2(TM5)に対する優位性及び動き補償導入の効果を確認し,提案法の有効性を示した.