車両間マルチホップ無線ネットワークにおける方向指定ルーチング

新宮 将久  増渕 友裕  上原 秀幸  横山 光雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J88-A   No.2   pp.175-185
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (ITS技術論文特集)
専門分野: ITS通信技術
キーワード: 
マルチホップネットワーク,  ルーチング,  車々間通信,  アドホックネットワーク,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,車両間マルチホップ通信において,パケットの伝搬方向を前後2方向に制限する方向指定ルーチングプロトコル(DORP)を提案する.高速道路環境を想定すると,端末の配置は直線上になるため,周囲の端末との位置関係が前後の2方向に限定される.したがって,あて先端末は前後どちらかの車群に存在することになり,前後情報はルーチングを行う際に非常に有力な情報となり得る.また,方向が限定されることで,あて先方向のすべての車両が中継端末候補となることから,リンク切れによるルート再構築の大幅な削減が見込める.交通流モデルとして,一次元高速道路上でのグループ移動を想定し,提案方式の基本特性を計算機シミュレーションにより評価する.その結果,DSRよりもパケット到達率やMACトラヒック特性,遅延特性が向上することを示す.