2次元直接指示環境におけるステアリングの法則に関する検討

内藤 悟史  北村 喜文  岸野 文郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D2   No.9   pp.1834-1841
発行日: 2004/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: マルチメディア処理
キーワード: 
ユーザインタフェース,  パフォーマンスモデル,  2次元直接指示,  軌道に沿わせるタスク,  ステアリングの法則,  

本文: PDF(677.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
軌道に沿わせるタスクのパフォーマンスモデルであるステアリングの法則は,実験環境によらないパフォーマンスの比較や評価を可能とし,インタフェース設計において重要である.しかし,これまで2次元の間接指示操作環境においてのみ検討されており,タスクの設定としても,ポインタの大きさの有無,軌道の幅の有無に関しては検討されてこなかった.今後,ステアリングの法則を幅広いコンピュータヒューマンインタラクション環境で通用するパフォーマンスモデルとして用いていくためには,様々な環境下での法則の適用可能性を確認する必要がある.そこで本論文では,2次元直接指示操作環境において,ポインタの大きさと軌道の幅の有無によらず,法則が成立することを実験によって確認する.