筋の活動度とSpeed-Accuracy Trade-off

野中 亮助  佐藤 誠  小池 康晴  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D2   No.4   pp.1008-1019
発行日: 2004/04/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
Speed-Accuracy Trade-off,  Fitts's law,  筋電信号,  スティフネス,  運動計画,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,Speed-Accuracy Trade-offの問題に関して,水平面内における2点間到達運動において,運動距離,運動精度を変化させ,そのときの運動軌道及び,筋の活性度を示す筋電信号を計測した.また,比較実験として運動精度を要求しない課題を行った.その結果,Fitts's lawに準じた2点間到達運動において,運動の終端点近傍で運動トルク生成のためには不必要な筋の活性が行われていることを示した.また,その筋の活性度は,要求された運動精度が高くなり,運動速度が遅くなっても,小さくはならないこと,更に,精度を要求されない同じ運動速度の運動に対して,精度を要求された精度の高い運動においては,その筋の活性度が大きくなることを示した.この結果は人がFitts's lawに準じた2点間到達運動を行っている際,腕の粘性や剛性といったインピーダンスを積極的に調節することによって,試行ごとに生ずる誤差を小さくするというメカニズムが存在していることを示す.