音声対話システムにおける適応的な応答生成を行うためのユーザモデル

駒谷 和範  上野 晋一  河原 達也  奥乃 博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D2   No.10   pp.1921-1928
発行日: 2004/10/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声対話システム,  ユーザモデル,  適応的応答,  対話戦略,  

本文: PDF(391.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
音声対話システムにおいて,各ユーザに応じた協調的な応答を生成するためのユーザモデルについて述べる.従来のユーザモデルの研究では,ユーザの知識に重点を置いたものが多いが,我々は音声対話システム特有の特徴を用いた,より包括的なユーザモデルを提案する.具体的には,システムに対する習熟度,ドメインに関する知識レベル,性急度の三つの次元を定義する.推定されたユーザモデルに基づき,一発話内の応答内容だけでなく,対話のフローも変化させる.これらのモデルは,決定木学習により自動的に得ることができる.実際の対話データに対するユーザモデルの判別実験では,三つの次元それぞれで良好な判別精度を得た.これらのユーザモデルに基づく対話戦略を,我々の研究室で開発している京都市バス運行情報案内システムに実装した.被験者を用いた評価実験により,各ユーザに適応した協調的応答が,熟練したユーザに対する対話時間を増加させることなく,初心者に対して適切なガイダンスとなることが示された.