UDLRを用いた衛星ネットワークモデルの設計と実証実験による評価

泉山 英孝  渡部 陽仁  村井 純  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D1   No.6   pp.693-701
発行日: 2004/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
衛星通信,  経路制御,  マルチキャスト,  ディジタルデバイド,  ネットワーク設計,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
衛星通信回線がその特徴を生かし,インターネットの通信基盤として統合利用されるためには,インターネットのプロトコルアーキテクチャに対して衛星通信の特徴を考慮した仕組みを付加する必要があった.筆者のグループは,そのための新しいプロトコルとメカニズムであるUDLR(Uni-Directional Link Routing)の研究開発を行ってきた.本論文では,そのUDLRに関して,1)衛星通信の特徴と恩恵を有効化する実ネットワーク構築手法を確立し,2)そのためのプロトコル定義以外の諸条件の明確化を行い,そして,3)最適な応用分野の開拓を行うために実証ネットワークの構築を行い,それぞれの目的における現時点での実証的な結論をまとめた.本研究はアジア全域にわたる実証実験基盤にUDLRを実装し,衛星通信の同報性の特徴を生かすマルチキャストの映像配信システムとその他のインターネットアプリケーションの応用システムとの透過的な共存を実現することで,UDLRが衛星通信のインターネット利用に有効に機能することを実証した.そして,放送型ストリーム配信など新しいインターネット応用分野への衛星通信の可能性を導くことができた.