双方向同時制御に基づく非同期データ転送方式とそのVLSI実現

高橋 知宏  羽生 貴弘  亀山 充隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J87-C   No.5   pp.459-468
公開日: 2004/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 集積エレクトロニクス
キーワード: 
非同期式プロセッサ,  非同期式回路,  双方向通信,  2線符号化,  電流モード多値回路,  

本文: PDF(717.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
送信側と受信側の間で行われる送受信要求とその一致検出を同時に行うことで高速な非同期データ転送を可能とする,2色1相2線符号化に基づく非同期データ転送プロトコルとその回路実現法を提案する.2色1相2線符号は,送信側と受信側双方から送られる符号の和を観測することで互いの状態を検出できるように設定されており,送受信要求が時間的に重なって行われていても,互いの状態を正しく検出する.電流モード多値回路では線形加算を結線のみで実現することができ,双方の情報を1線に重畳させ双方でその情報を観測できる性質をもつため,提案するプロトコルの回路実現に適している.提案手法の電流モード回路実現が従来の一般的な非同期データ転送プロトコルのCMOS回路実現と比較し,同一消費電力のもとで約1.5倍高速化できることを明らかにしている.