自己タイミング型パイプラインによる優先キューイング制御方式

林 秀樹  岩田 誠  寺田 浩詔  島村 和典  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.8   pp.1063-1075
発行日: 2004/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: インターネット
キーワード: 
QoS,  自己タイミング型パイプライン,  ルータ,  DiffServ,  優先制御,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
インターネット上のサービスやアプリケーションの多様化に伴って,様々な通信品質(QoS)を保証できるQoS制御技術の重要性が増している.本論文では,DiffServを想定したQoS制御実現法の一つとして,自己タイミング型パイプラインSTP(self-timed pipeline)を活用した,優先キューイング制御方式を提案する.更に,提案方式の確率過程によるモデルと等価な評価が可能な離散事象シミュレータを用いた性能特性評価の結果を示し,代表的な既存のキューイング方式に比べて,広範なふくそう状態において廃棄率と遅延時間をともに低遅延で差別化できることを明らかにする.