マルチレベル送信電力制御を用いたOFDM適応変調方式による1セル繰返しTDMAシステム

中西 俊之  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.8   pp.1043-1052
発行日: 2004/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
1セル繰返しTDMAシステム,  OFDM,  適応変調方式,  マルチレベル送信電力制御,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式の各サブキャリヤの変調多値数と送信電力を適応的に設定するマルチレベル送信電力制御を用いたOFDM適応変調方式OFDM AMS/MTPC(OFDM-based Adaptive Modulation Scheme with Multi-level Transmit Power Control)は,孤立セル環境においてスループットを大幅に改善できる.本論文では,干渉存在下においても受信SINR(Signal to Interference plus Noise power Ratio)の周波数選択性を利用することにより高いスループットを得られるOFDM AMS/MTPCの特長を活用し,簡易な無線リソース制御を用いた1セル繰返しTDMA(Time Division Multiple Access)システムを提案する.本システムでは,OFDM AMS/MTPCの制御がセル間干渉に応じて適切になされるよう,送信電力制御に伴う干渉電力レベルのダイナミックな変動を抑える必要がある.そこで本論文では,ダイバーシチ受信の適用,及び適応変調の制御周期と変調多値数の所要SINRの間隔に関して最適化を行い,実効セル繰返し数1.46が達成できることを確認した.