競合方式MACプロトコルにおける送信端末から2ホップ先の端末の影響

重安 哲也  松野 浩嗣  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.1   pp.93-97
発行日: 2004/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
MACプロトコル,  スループット性能,  CSMA,  並行送信,  

本文: PDF(328.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
競合方式のMACプロトコルでは隠れ端末の存在がスループットの低下を招く.隠れ端末となる可能性のあるのは送信端末から2ホップ先の端末である.本論文では,CSMAにおけるこの端末の存在割合とスループットの関係を明らかにする.