エコーキャンセラ一体型マイクロホンアレー

小林 和則  古家 賢一  片岡 章俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J87-A   No.2   pp.143-152
発行日: 2004/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
マイクロホンアレー,  エコーキャンセラ,  適応型アレー,  雑音抑圧,  拡声通話,  

本文: PDF(996.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,マイクロホンアレーとエコーキャンセラを接続したときのエコー経路変動に伴うエコー抑圧性能低下を解決するエコーキャンセラ一体型マイクロホンアレーを提案する.音声会議やテレビ会議等の拡声通話では,雑音を抑圧した高品質収音と音響エコー抑圧が求められている.しかし,雑音抑圧を行うマイクロホンアレーとエコー抑圧を行うエコーキャンセラを単純に接続した構成では,マイクロホンアレーの指向性制御によるエコー経路変動に対し,エコーキャンセラの学習が追従しきれないため,エコー抑圧性能が低下するという問題を生じる.提案するエコーキャンセラ一体型マイクロホンアレーは,従来では個々に行われていたマイクロホンアレーの学習とエコーキャンセラの学習を一体で行う.これにより,エコー経路変動に伴うエコー抑圧性能低下の問題が解決される.評価実験によって,提案方式が安定した雑音抑圧とエコー消去を行えることを示し,その有効性を確認した.