TE01δモード誘電体共振器の端面効果を考慮した帯域通過フィルタ合成に関する研究

林 潤  二川 佳央  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J86-C   No.3   pp.262-269
公開日: 2003/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
端面効果,  TE01δモード,  帯域通過フィルタ,  共振器,  導波管フィルタ,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
TE01δモード誘電体共振器を用いたフィルタ設計の原理,動作はよく知られているものの,実際フィルタを合成する場合,実験的に得られた関係や既存の蓄積データを利用してフィルタの合成を行うことが決して少なくない.また,従来の設計法では入出力導波管とカットオフ導波管の不整合部による端面効果の影響を考慮に入れていないため,フィルタを合成した際,設計精度が悪く実験的に特性を補正することが多く見受けられた.本論文では共振器の端面効果による影響を電磁界シミュレータ(有限要素法)を用いて解析を行った補正方法について述べる.また,端面効果を考慮したフィルタの合成法を提案し評価を行った.その結果,精度の高いTE01δモード誘電体共振器を用いたフィルタの合成が可能となり,実験にてその実用性を確認した.