モード展開分極電流モデル解法を用いた円偏波誘電体共振器アンテナの設計

井上 貴司  稲垣 直樹  菊間 信良  榊原 久二男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.9   pp.1816-1824
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: アンテナ設計技術
キーワード: 
円偏波誘電体共振器アンテナ,  モード展開分極電流モデル解法,  摂動法,  HFSS,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
円偏波誘電体共振器アンテナ(CP-DRA)では,給電系の構成がシンプルになる1点給電方式が研究されている.その中でも,直方体誘電体を用いたCP-DRAは誘電体加工が容易であるが,いまだ円偏波励振条件が明確でない.そこで本論文では,直方体誘電体とその外部に配置した一つのプローブを用いて円偏波を発生させるCP-DRAの設計手法に関して検討した.設計の第1段階として,従来の円偏波マイクロストリップアンテナの設計で用いられる手法をCP-DRAに適用し,設計の第2段階において,モード展開分極電流モデル解法(M-PCMM)を用いて励振部分も含めた構造に対して繰り返し解析を行うことで,円偏波が発生し,かつ給電系と整合がとれるCP-DRAの最適構造を決定した.設計の第2段階において,M-PCMMが有用であることを示した.