マイクロ波帯のシールドボックス性能測定法

三浦 健史  西堀 俊幸  稲谷 順司  瀬田 益道  真鍋 武嗣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.7   pp.1081-1088
発行日: 2003/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (最新のEMC技術論文特集)
専門分野: EMC計測
キーワード: 
マイクロ波,  シールドボックス,  シールド性能測定,  マルチパス干渉,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
電子機器や通信機器の高周波化に伴い,マイクロ波帯でのEMC測定規格が作成されつつあるが,シールドボックスのシールド性能測定技術についてはあまり論じられていない.一方,システムのEMC設計ではシールドボックスに対してシールド性能を配分する必要が生じるため,その測定法が重要となる.本論文ではマイクロ波帯のシールドボックス性能測定法について議論する.シールド性能はシールドボックスの有無による電界強度差で定義できる.ボックス内部の電磁界分布は,複数の電波漏えい箇所からの信号をソースとし,内部で多重反射を起こした結果として,マルチパス干渉が現れる.その結果,受信アンテナを内部に固定して,内部信号のピーク値を検出するのは難しい.ピーク値の検出ができない場合は,内部信号レベルを過小評価し,シールド性能を過剰に見積もるおそれがある.そこで,アンテナ位置を固定したまま周波数掃引することでピーク値の測定を可能にした.実際にマイクロ波発生器及びスペクトラムアナライザ,低雑音増幅器でシステムを構成し,1~20 GHzで80 dB程度のシールド性能測定が可能なことを実証した.