レーダのビーム走査を考慮した二段階MHTレーダパルス列分離法

真庭 久和  廣濱 功  小林 正明  桐本 哲郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.4   pp.721-729
発行日: 2003/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
レーダ,  パルス列分離,  多重仮説,  ビーム走査,  

本文: PDF(869.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
パッシブセンサを用いたパルスレーダ形式の認識は,パルスレーダからの受信パルスのキャリヤ周波数やPRI(Pulse Repetition Interval)などの特徴量を解析した結果に基づいて行われる.複数のレーダから送信されたパルスを同時に受信する場合には,特徴量の解析に先立って混在したパルスをレーダごとの個別パルス列に分離する必要がある.文献[1],[2]で筆者らは,MHT(Multiple Hypothesis Tracking)を用いた分離法を提案したが,そこでは,パルスレーダがビームを走査する効果が考慮されていなかった.すなわち,従来の手法では走査によりビームがパッシブセンサの方向にない場合に,パッシブセンサはパルスを受信できず,パルス列の受信が間欠的になる効果が無視されていた.このため,実環境で分離性能を十分確保できない場合が多かった.この問題を解決する方法として,分離処理をパルスの繰返し周期を利用する第1の処理と,ビーム走査の周期性を利用する第2の処理に分けた二段階MHTレーダパルス列分離法を提案する.次いで,実データ,及び,計算機シミュレーションにより提案手法の性能を評価し,従来手法と比べて分離性能が約30.6%向上することを示す.