FMCWレーダ用目標諸元測定方式

三本 雅  岡田 隆光  藤坂 貴彦  小菅 義夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.4   pp.714-720
発行日: 2003/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
レーダ,  FMCW,  ビート周波数,  追尾フィルタ,  目標距離,  目標速度,  

本文: PDF(2.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
FMCW (Frequency Modulated Continuous Wave)レーダにより測定対象の距離と速度(以下,目標諸元と呼ぶ)を得る場合,例えば,アップチャープとダウンチャープのような周波数変調率が異なる複数の送信信号を用いて,各送信信号ごとに受信信号とのビート周波数を測定する必要がある.このため,複数の送信信号にわたって同一目標からの反射信号が受信されない場合には目標諸元の測定結果が得られない.そこで,FMCWレーダにおいて,ビート周波数を入力とする目標追尾フィルタを適用して,単独の送信信号による観測で得られたビート周波数だけで目標諸元を測定することが可能な方式を提案する.本論文では,この測定方式の測定原理と,計算機シミュレーションによる基本性能評価結果を示す.ビート周波数出現確率が0.9の場合,従来方式と比べて提案方式では,測定結果出力確率が0.78から0.99に改善され,測距誤差が90%以下,測速度誤差が43%以下に低減されることを明らかにした.