マルチサーバ型制御用OSの構成とタスク間通信性能

日高 宗一郎  児玉 和也  丸山 勝巳  橋爪 宏達  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.3   pp.376-384
発行日: 2003/03/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (次世代ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: ソフトウェアアーキテクチャ
キーワード: 
マルチサーバOS,  マイクロカーネル,  制御システム,  

本文: PDF(574.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
今やほとんどのシステムはソフトウェア制御で,システムの成否をソフトウェアが握っており,システム制御プログラム開発の効率化が求められている.したがって,システム制御用に適した,要求に応じて機能拡張や変更が可能なOSが望まれる.この対策として,筆者らは,マイクロカーネル + マルチサーバ構成のOSの研究試作を進めている.このOS構成では,カーネルモードで実行されるのはマイクロカーネルのみであり,そのうえで各種のOSサービスタスクが,個々の論理空間をもちユーザモードで実行される.本方式では,拡張性,耐障害性,分散処理への適合性,制御ソフトウェア開発の容易化が図られる.また,この手法で懸念されるタスク間メッセージ転送のオーバヘッドは十分に少ないことを明らかにした.