画質の均質化を尺度としたマルチチャネル動画像伝送システムの実装

小川 賢太郎  小林 亜樹  山岡 克式  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.2   pp.162-173
発行日: 2003/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 交換
キーワード: 
MPEG符号化画像,  QoS制御,  インターネットストリーミング,  帯域割当て,  

本文: PDF(747.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,蓄積MPEGビデオのマルチチャネル伝送における画質を考慮した動的帯域割当方式の設計法と実装結果について述べている.この方式では,同一回線を共有する動画像ストリーム群に帯域を割り当てる際に,各動画像の画質劣化特性を数値化したパラメータを用いる.更に,各ストリームへの帯域配分を時間軸方向に示した伝送スケジュールをあらかじめ作成することで,各ストリームのシーンチェンジに伴う画質劣化特性変動に対応している.しかし,各ストリームのGOP(Group Of Picture)が同期していないため,ストリーム数の増大によりシーンチェンジが頻発すると,スケジュールに沿った伝送が実現できなくなるという問題がある.そこで本論文では,ストリーム全体をグループ分割し,各グループで独立した伝送処理を行うという方法を提案する.更に平均シーン長,GOP長等のパラメータを用いて画質劣化を小さくする最適グループ数の推定手法を提案する.これらの制御をLAN上に実装し,蓄積されたMPEGビデオの伝送実験を行い帯域割当方式のマルチチャネル伝送に対する有効性を確認する.