Labeled Graph Matchingを用いた動画像に対する人物頭部及び表情変化を伴う部位の抽出

村上 真  米山 正秀  白井 克彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J85-D2   No.11   pp.1656-1663
発行日: 2002/11/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
顔領域抽出,  Labeled Graph Matching,  動画像認識,  ヒューマンインタフェース,  人物顔認識,  

本文: PDF(453.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,動画像認識に対し,局所的特徴量と大局的構造及び運動の情報を同時に統合的に扱う新しい枠組みを提案し,人物頭部の表情変化等を抽出する問題に適用しその有効性を示す.従来の動画像認識法は,各フレームに対する認識結果系列から認識する手法がほとんどであるが,各フレームの認識に対しても積極的に動きの特徴を扱うべきである.しかし,静止画の認識に時系列データを組み込むことは,情報量が膨大になり,処理も複雑になる困難性がある.ここで提案する方法は,従来静止画に用いられてきたLabeled Graph Matching法の概念を拡張して適用するものである.この方法はSparse Graphを扱うため計算量の増大を防ぐことができ,様々な処理の段階に応じて扱う特徴量を動的に変化させることで,動画像認識における複雑な処理を簡潔に統合化することを可能にする.本論文では,具体例として,人物頭部及び部位の抽出を行い,本手法の有効性を示す.