マルチモーダルプレゼンテーション記述言語MPMLの3次元VRML空間への拡張

岡崎 直観  Santi Saeyor  土肥 浩  石塚 満  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J85-D1   No.9   pp.915-926
発行日: 2002/09/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 福祉工学
キーワード: 
マルチモーダル,  プレゼンテーション,  キャラクタエージェント,  VRML,  マークアップ言語,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
WWWと連携した効果的な情報発信を行う新形態マルチモーダルメディアとして,我々は擬人化キャラクタエージェントを用いるマルチモーダルプレゼンテーションについて研究を行っており,そのマークアップ型記述言語としてMPML(Multimodal Presentation Markup Language)を開発している.今回,MPMLの特徴を受け継ぎながら,3次元VRML空間でのマルチモーダルプレゼンテーション記述を可能にするMPML-VR(Multimodal Presentation Markup Language for VRML)の設計と処理系の開発を行い,VRMLプラットホーム上で動作する擬人化エージェントシステムMPML-VR Agentの実装も行った.3次元VRML空間を使用することで,仮想展示場や仮想博物館などの環境でのプレゼンテーション,製品などの3次元物体を提示してのプレゼンテーションが可能となり,視聴者は任意の位置に移動して任意の方向からプレゼンテーションコンテンツを視聴できる.本論文は,マークアップ言語MPML-VRについて記すとともに,VRML向けに新たに開発したMPML-VR Agent,プレゼンテーション観賞システムMPML-VR Viewerについて報告する.