文脈自由文法に基づく点字楽譜の自動解析の検討

森野 比佐夫  後藤 敏行  田村 直良  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J85-D1   No.5   pp.402-410
発行日: 2002/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: オートマトン理論,言語理論
キーワード: 
点字楽譜,  形式文法,  言語処理,  演奏情報,  文脈自由文法,  

本文: PDF(745.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
点字楽譜は一般には五線譜として2次元的に表記される音楽情報を,点字を用いて表現するものである.本研究では,点字楽譜から五線譜を生成するための機能実現の第1段階として,点字楽譜の自動解析手法について検討を行った.点字楽譜を言語として見る場合,音符や曲想記号他の楽譜上の音楽情報を単語とする文と見ることができる.点字楽譜を計算機で解析するにあたって,単語(終端記号)が区切り記号のない不定長であり,単語に多義性があること,複数の修飾状態が交差することなど言語的な煩雑さを含むという問題がある.本論文では,点字楽譜のもつ問題や特殊性について議論するとともに,点字楽譜を文脈自由文法に基づく人工言語としてとらえ,言語処理の枠組みを用いた解析手法を提案する.更に,実際の点字楽譜を用いた評価実験の結果について報告する.