OFDMにおけるガード区間を利用したMMSEアダプティブアレー

堀 智  菊間 信良  稲垣 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.9   pp.1608-1615
発行日: 2002/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
OFDM,  アダプティブアレー,  ガード区間,  MMSE,  SMI,  

本文: PDF(743KB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM伝送方式は,マルチパス環境において,単一キャリヤ方式に比べて優れた性能を発揮することが知られているが,ガード区間を超える遅延波やドップラーシフトにより急激に通信品質が劣化してしまう.この問題を解決するために,アダプティブアレーを用いて不要波を抑圧する様々なシステムが提案されている.本論文では,OFDM伝送方式において,OFDMの有効シンボルの先頭に付加されるガード区間と有効シンボルの末尾のガード区間分が同一信号であることを利用して,MMSEアダプティブアレーを動作させるシステムを提案する.提案システムの有効性を明らかにするために,計算機シミュレーションにより,基本特性の解析を行った.その結果,MMSEアダプティブアレーとして良好に動作し,高い不要波抑圧能力を有することが示された.