DS-CDMAシステムにおける狭帯域干渉除去技術

北野 豊和  鍋谷 寿久  原 晋介  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.4   pp.486-496
発行日: 2002/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
DS-CDMA,  狭帯域干渉,  狭帯域干渉キャンセラ,  狭帯域干渉検出,  

本文: PDF(992.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DS-CDMA(Direct Sequence Code Division Multiple Access;直接スペクトル拡散符号分割多元接続)方式に基づく広帯域無線通信システムに独自に周波数帯域を割り当てることは,無線周波数がひっぱくしている現状を考えると困難である.このため,DS-CDMAシステムを既存の狭帯域無線システムの帯域上で運用することが考えられている.しかし,既存狭帯域無線システムの送信電力がDS-CDMAシステムに与える干渉について必ずしも配慮されているとは限らず,DS-CDMA信号に大きな狭帯域干渉を与えることが考えられる.本論文では,DS-CDMAシステムにおける狭帯域干渉除去システムを提案する.狭帯域干渉のキャリヤ周波数に関する事前情報を利用することで,計算量の少ない狭帯域干渉除去処理を実現する.