分散オブジェクトシステムにおけるオブジェクト動作の観測と試験方法の提案

寺島 美昭  今井 功  下間 芳樹  佐藤 文明  水野 忠則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.2   pp.169-179
発行日: 2002/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェアプラットホーム
キーワード: 
CORBA,  IDL,  ソフトウェア試験,  適合性試験,  

本文: PDF(730.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,異なる実装方法を用いて開発されたオブジェクトにより構成されるシステム開発が急増している.このような開発ではシステムの複雑化が進み信頼性を低下させるため,試験の最終段階として実際のシステム運用動作中の各オブジェクトの振舞いを検証することが重要である.本論文では相互接続のために公開されるIDL(Interface Definition Language)定義を用いることにより,運用動作中のオブジェクト動作を実装アーキテクチャ非依存に評価するシステム機能試験を提案する.初めに試験の軽量化とオブジェクト動作の取扱いの課題を説明し,これらを解決する試験構成と,オブジェクト動作の影響や原因の追跡をメッセージトレースを用いて分析する方法を説明する.また試験の実用性についても言及し,IDL仕様から試験環境を開発するフローにおいて個々の実装アーキテクチャをいんぺいできることを示す.最後に定量的な評価と考察を行い,提案の有効性を検証する.