マルチホップ無線ネットワークにおける優先領域に基づく中継制御法

北岸 弓子  上原 秀幸  山本 亮  横山 光雄  伊藤 大雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.12   pp.2119-2128
発行日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (無線アドホックネットワーク技術論文特集)
専門分野: ルーチング
キーワード: 
マルチホップ無線ネットワーク,  アドホックネットワーク,  フラッディング,  ブロードキャスト,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチホップ無線ネットワークにおけるパケット配信方式の一つにフラッディング方式がある.フラッディング方式は制御が比較的簡単であるが,パケットを受信した端末すべてが中継を行うことから,ネットワーク内のトラヒックが急増してしまうという問題がある.トラヒックの急増によりパケットの衝突も増加し,結果的にパケットの到達率の低下につながってしまう.本論文では,優先領域に基づいて冗長なパケットの中継を制限する中継制御法を提案する.中継制御法をメッセージパケットのブロードキャストに用いた場合とルーチングプロトコルに適用した場合について,計算機シミュレーションによって性能評価を行う.その結果,提案する中継制御法を用いることによってネットワーク内のトラヒックを削減し,メッセージパケットの配信率,ルート確保率を向上させることができることを示す.