リフティングを用いた一般化重複双直交変換

川田 昌宏  池原 雅章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J85-A   No.3   pp.282-289
発行日: 2002/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
M 分割フィルタバンク,  非可逆符号化,  リフティング,  画像圧縮,  双直交性,  

本文: PDF(842.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,リフティングを用いた一般化重複双直交変換の構成,及び設計方法を提案し,これに基づく画像の非可逆符号化を示す.画像符号化のために,分割側では高域フィルタの基底を長くして低周波側の阻止域誤差を小さくし,高域フィルタ出力への低周波成分の漏れを最小にし,一方合成側では,高域を短く,低域を長くすることで復元画像に現れるブロッキングやリンギング等の効果を低減させる.構成方法は,ブロック変換行列で表される基本フィルタと,各々のフィルタの基底を長くするために用いる一連のリフティング操作のみである.本論文では,符号化利得や周波数特性に関する評価量の最適化を行うことにより,簡単な構造で高い圧縮性能をもつ双直交フィルタバンクを提案する.最後に,提案法を用いて設計したフィルタバンクを実際に静止画像の符号化に適用し,変換性能や復元画像の面から本方法の有効性を示す.