据置き型情報提供端末向き雑音処理を用いた音声入力インタフェース

伊田 政樹  森 弘之  中村 哲  鹿野 清宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.6   pp.868-876
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 音声認識応用システム
キーワード: 
音声認識,  ハンズフリー,  雑音除去,  マイクロホンアレー,  スペクトル減算,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
情報端末やオンラインショッピング端末,券売機などの社会システム機器においては,音声認識を組み込むことで,より自然でスムーズな機械と人とのコミュニケーションが可能になり,操作性や利便性が飛躍的に向上する.本論文では音声認識を組み込んだ情報提供端末機の試作と,ここで音声入力インタフェースとして採用した雑音除去技術について述べる.一般に上記のシステム機器は駅構内などの公共の空間に設置される.したがって劣悪な雑音環境においてもロバストに動作する音声認識性能が求められる.この耐雑音性の実現のため,マイクロホンアレーとスペクトル減算(SS)を併用した雑音除去を適用した.実環境において収録した評価データによる実験の結果,32 chマイクロホンアレーとSSを併用することにより不特定話者216単語孤立単語音声認識において,90%を超える認識性能を得た.