動き変化に基づくView-based Aspect Modelによる動作認識

西村 拓一  十河 卓司  小木 しのぶ  岡 隆一  石黒 浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.10   pp.2212-2223
発行日: 2001/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
Aspect Model,  動き認識,  動作理解,  時空間連続DP,  

本文: PDF(3.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
我々は動作者にデータグローブ等の接触型センサやマーカを装着させることなく,人間の身振り手振りをとらえた動画像からの動き認識を試みている.しかし,従来の認識システムでは,人物の移動が許されておらず,また,絶えずカメラの方向を向いている必要があった.そこで,物体認識で活用されているAspect ModelをView-based化かつ時系列化した「動きに基づいたView-based Aspect Model」を提案する.これは,人物周辺の複数方向から人物の動きをとらえて作成したモデルである.また,人物が移動しつつ動作を行う場合など,動作中にカメラに対する人物の向きが変化してもロバストな認識を可能とする時空間連続DPを導入する.更に,一例として複数台の全方位視覚センサを用いた実時間認識システムを実現し,評価実験により本手法の有効性を示す.