スプリアスノッチを考慮した2段スタブ付き小型化ブランチラインカプラについて

張 紹洲  得能 啓洋  坂上 岩太  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J84-C   No.4   pp.259-266
公開日: 2001/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
ブランチラインカプラ,  小型化,  スプリアスノッチ,  固有モードインピーダンス,  

本文: PDF(291.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
2段スタブを用いて標準型ブランチラインカプラの基板占有面積の25%となるように設計した小型化ブランチラインカプラでは,中心周波数より高い周波数帯域にある周波数で急激な変動(スプリアスノッチ)を生じている.そこで,本論文では,モード分解による固有モードインピーダンスを用いて,スプリアスノッチ発生のメカニズムを解明し,面積比を25%に維持したまま,スプリアスノッチを生じない回路設計を行う.次に,実験回路によりその有効性を検証する.