高速データ伝送のためのマルチレベル送信電力制御を用いたOFDM適応変調方式

吉識 知明  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.7   pp.1141-1150
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ソフトウェア無線実現のための技術とその応用論文小特集)
専門分野: ソフトウェア無線のための通信方式,アルゴリズム
キーワード: 
OFDM,  マルチレベル送信電力制御,  適応変調,  周波数選択性フェージング,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式の各サブキャリヤの変調方式を適応的に制御するOFDM適応変調システムは,限られた帯域内において高速な伝送速度を達成することが可能であることから,広帯域伝送に対して効果的なシステムであるといえる.更に,広帯域化に伴う送信電力の増加に対し,送信電力制御を行うことで送信電力を低減する手段があげられるが,周波数選択性フェージング環境下では,各サブキャリヤの受信電力は時間とともに変動し,必要以上の送信電力が消費されるという問題が生じる.本論文では,各サブキャリヤにおいて選択された変調多値数に応じて,各変調方式が所要のBERを満たすようサブキャリヤごとに独立に送信電力の制御を行うマルチレベル送信電力制御の適用を提案する.提案システムでは,所要品質に対して余剰な送信電力を効果的に他のサブキャリヤに割り当て,より高い変調多値数を選択することで,限られた帯域内において伝送レートの高速化を実現している.計算機シミュレーションにより提案方式の伝送特性を評価した結果,伝送レートが大幅に向上することを確認した.