DS/CDMA方式におけるマルチパス群一括受信ビームフォーミング方式

渡部 勝己  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.7   pp.1132-1140
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ソフトウェア無線実現のための技術とその応用論文小特集)
専門分野: ソフトウェア無線のための通信方式,アルゴリズム
キーワード: 
DS-CDMAセルラシステム,  アダプティブアレーアンテナ,  干渉波抑圧,  空間フィルタ,  

本文: PDF(822.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アダプティブアレーアンテナにおける演算量の低減を目的とし,マルチパス群一括受信ビームフォーミング方式を提案する.DS/CDMA方式においてアダプティブアレーアンテナを用い,ビームフォーミングを行う場合には,基地局に到来するマルチパスの瞬時値変動は互いに独立な変動であり,また,各パスの到来方向も異なるため,通常はRake受信器で合成を行うパスごとに最適なビームフォーミングを行う.しかし,この場合にはRake受信器のフィンガ数が増加するに従い,必要なウエート数も増加するために,装置構成が複雑化するといった問題点がある.そこで本論文では,瞬時値変動が独立で到来方向が異なるマルチパス群全体に対して平均的に高い利得をもつ空間フィルタを形成し,1組のアンテナウエートのみですべてのパスの受信を行い演算量の低減を行う方式を提案する.これにより,Rake受信器のフィンガ数を L とした場合,各パスに対して最適なアンテナウエートを L 回計算する方式と比較し,演算量を 1/L とすることができる.