ソフトウェア無線機とその国内における開発の現状

鈴木 康夫  荒木 純道  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.7   pp.1120-1131
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (ソフトウェア無線実現のための技術とその応用論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
ソフトウェア無線機,  ディジタル無線機,  第4世代無線機,  マルチモード無線機,  システム一括受信,  

本文: PDF(2.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
無線通信の世界が大きく変わろうとしている.100年余りの歴史をもつハードウェアオリエンテッドな無線機がソフトウェアオリエンテッドな無線機に変わろうとしている.ソフトウェアの変更により自由に無線機能を変えられる無線機の出現は無線通信の世界に様々な可能性を与えてくれる.しかし,実現には高く厳しいハードルがあり,乗り越えるにはなお多くの時間を必要としている.このような現実を前に種々の研究開発が行われている.本論文では,まず期待しうるソフトウェア無線機の理想の姿をニーズとシーズの両面から眺め,無線部を中心に早期実現に向けての課題と対策について述べる.その後,国内における開発の現状について概観する.